院長紹介

院長紹介

院長の越前屋勝です。
私はこれまで、精神科医として経験を積みながら、睡眠の診療・研究にも携わってきました。
「こころ」と「睡眠」は密接な関係があり、精神的に調子がすぐれないと、多くの場合で眠りもうまくいかなくなります。そのため「こころ」と「睡眠」をトータルで治療していくことが大切です。
「不眠症」の原因は様々ですが、近年ではとても多い症状です。また、一般的にはあまり知られていないような睡眠障害もたくさんあります。睡眠の問題を抱えながら治療を受けていない、あるいはどこを受診していいか分からないという人もたくさんいると思われます。
そこで、前任の秋田大学医学部附属病院で行ってきた経験をもっと多くの人に役立てられるようにと願い、「えちぜんや睡眠メンタルクリニック」を開院しました。
どうぞお気軽にご相談ください。

経 歴

平成9年3月秋田大学医学部卒業
平成9年4月~秋田大学医学部附属病院 神経科精神科
平成10年9月~市立秋田総合病院 精神科
平成13年4月~横手興生病院
平成15年7月~加藤病院
平成17年4月~公立米内沢総合病院 精神科科長
平成17年9月~秋田大学医学部附属病院 精神科学講座 助手
平成19年6月~秋田大学医学部附属病院 精神科学講座 講師
平成26年4月~えちぜんや睡眠メンタルクリニック 院長

資格・研究歴等

  • 医学博士(学位)
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会 精神科専門医
  • 日本睡眠学会 評議員・睡眠医療認定医
  • 平成17年 日本睡眠学会研究奨励賞受賞
  • 平成20年 イタリア(ミラノ)に留学し、うつ病の時間生物学的治療の研究に従事。

論文・著書(和文)

  • 越前屋 勝 「断眠療法」今日の精神疾患治療指針 第2版、2016年;824-825
  • 越前屋 勝 「不眠症治療の本邦での現状」 精神科治療学、2014年;29:1347-1352
  • 越前屋 勝 「適応障害性不眠症(急性不眠症)ー東日本大震災を踏まえて、今注目ー」 睡眠障害 知る診る治す、メジカルビュー社、2014年、p73-74
  • 越前屋 勝、清水 徹男 「うつ病に対する新しい身体療法; 光療法」 精神科、2012年;21:400-404
  • 越前屋 勝 「過眠症の診断と治療」 精神科治療学、2012年;27:1047-1052
  • 越前屋 勝 「睡眠・生体リズム操作は難治性うつ病の有用な補助療法になり得る」 精神神経学雑誌、2012年;114:151-157
  • 越前屋 勝 「うつ病に対する断眠療法」 日本生物学的精神医学会誌、2011年;22:159-164
  • 越前屋 勝、清水 徹男 「睡眠と体温調節」 脳21、2010年;13:50-55
  • 越前屋 勝 「うつ病の時間生物学的治療」 睡眠医療、2007年;2;51-56
  • 越前屋 勝、三島 和夫 「睡眠覚醒リズム障害を訴える患者へのアプローチ」 medicina、 2007年;44:1252-1256
  • 越前屋 勝、三島 和夫 「睡眠リズムの調節因子」 JOHNS、 1999年;15:1667-1672

論文・著書(英文)

  • Inomata Y, Echizenya M, Takeshima M, Shimizu K, Shimizu T: Validity and reliability of the Japanese version of the Morningness-Eveningness Questionnaire evaluated from actigraphy. Sleep and Biological Rhythms, 2014; 12: 289-296.
  • Takeshima M, Echizenya M, Inomata Y, Shimizu T: Scurvy in an alcohol-dependent patient with a severely unbalanced diet. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 2014; 68: 242-243.
  • Takeshima M, Echizenya M, Inomata Y, Shimizu K, Shimizu T: Comparison of sleep estimation using wrist actigraphy and waist actigraphy in healthy young adults. Sleep and Biological Rhythms, 2014; 12: 62-68.
  • Echizenya M, Suda H, Takeshima M, Inomata Y, Shimizu T: Total sleep deprivation followed by sleep phase advance and bright light therapy in drug-resistant mood disorders. Journal of Affective Disorders, 2013; 144: 28-33.
  • Hida A, Kitamura S, Enomoto M, Nozaki K, Moriguchi Y, Echizenya M, Kusanagi H, Mishima K: Individual traits and environmental factors influencing sleep timing: a study of 225 Japanese couples. Chronobiology International, 2012; 29: 220-226.
  • Iwaki S, Sato K, Matsumoto Y, Echizenya M, Kato T, Kusanagi H, Kitamura S, Shimizu T, Mishima K: Treatment-resistant residual insomnia in patients with recurrent major depressive episodes. Sleep and Biological Rhythms, 2012; 10: 202-211.
  • Hojo Y, Echizenya M, Ohkubo T, Shimizu T: Drug interaction between St John’s wort and zolpidem in healthy subjects. Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics, 2011; 36: 711-715.
  • Narita E, Echizenya M, Takeshima M, Inomata Y, Shimizu T: Core body temperature rhythms in circadian rhythm sleep disorder, irregular sleep-wake type. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 2011; 65: 679-680.
  • Echizenya M, Iwaki S, Suda H, Shimizu T: Paradoxical reactions to hypnotic agents in adolescents with free-running disorder. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 2009; 63: 428.
  • Hida A, Kusanagi H, Satoh K, Kato T, Matsumoto Y, Echizenya M, Shimizu T, Higuchi S, Mishima K: Expression profiles of PERIOD1, 2, and 3 in peripheral blood mononuclear cells from older subjects. Life Sciences, 2009; 84: 33-37.
  • Kusanagi H, Hida A, Satoh K, Echizenya M, Shimizu T, Pendergast J.S., Yamazaki S, Mishima K: Expression profiles of 10 circadian clock genes in human peripheral blood mononuclear cells. Neuroscience Research, 2008; 61: 136-142.
  • Echizenya M, Mishima K, Satoh K, Kusanagi H, Ohkubo T, Shimizu T: Dissociation between objective psychomotor impairment and subjective sleepiness after diazepam administration in the aged people. Human psychopharmacology Clinical and Experimental, 2007; 22: 365-72.
  • Echizenya M, Mishima K, Satoh K, Kusanagi H, Sekine A, Ohkubo T, Shimizu T, Hishikawa Y: Enhanced heat loss and age-related hypersensitivity to diazepam. Journal of Clinical Psychopharmacology, 2004; 24: 639-46.
  • Kusanagi H, Mishima K, Satoh K, Echizenya M, Kato T, Shimizu T: Similar profiles in human period1 gene expression in peripheral mononuclear and polymorphonuclear cells. Neuroscience Letters, 2004; 365: 124-7.
  • Katoh T, Echizenya M, Maruyama F, Satoh K, Sekine A, Shimizu T, Mishima K: Diazepam-induced sedative effects follow the pattern of enhanced heat loss in human. Sleep and Biological Rhythms, 2004; 2: 220-225.
  • Echizenya M, Mishima K, Satoh K, Kusanagi H, Sekine A, Ohkubo T, Shimizu T, Hishikawa Y: Heat loss, sleepiness, and impaired performance after diazepam administration in humans. Neuropsychopharmacology, 2003; 28: 1198-206.
  • Tozawa T, Mishima K, Satoh K, Echizenya M, Shimizu T, Hishikawa Y: Stability of sleep timing against the melatonin secretion rhythm with advancing age: clinical implications. Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, 2003; 88: 4689-4695.